腸内細菌と便秘

腸内細菌と便秘

腸内細菌と便秘についてということで考えてみましょうか。腸内環境が良好な状態にあるかどうかを調べるといったことのためにもっとも良いといわれているのは便の状態を見ることにあります。腸内細菌のバランスが程よく整っているといった場合は、便というのはいやな臭いがなく、色も黄色っぽいか黄色っぽい褐色であり、かつ、柔らかい状態ででてくるものだとされているのです。意外かと思われるかもしれませんが、理想の便の硬さというのは歯磨き粉くらいであるとされているのです。

 

こうしたことを考えてみると、便秘をしているときの腸内環境というのはとてもではないですが良いとはいえませんよね。また、便というのも日によってはまったく違ったものがでてくるといってもいいでしょう。腸内細菌のバランスというのは1回決まってしまうと覆せないというものではありません。日々さまざまな影響をうけて変わっていくものなのです。

 

硬い便がでているときや、臭いや色が気になるといった便がでるときには腸内細菌のバランスが崩れているときだと自覚するといいかもしれませんね。腸内細菌のバランスが崩れてしまうといったことには幾つかの要因があるといわれているのです。栄養のバランスがとれた食事ができていないとき、ストレスを受けているとき、薬を服用しているとき、老化によるもの、病気にかかってしまっているとき、などなど、このようなことが原因だと考えられるのです。

 

腸内環境が悪くなってしまっというようなときには日和見菌といわれる腸内細菌が悪玉菌に荷担することによって便秘になってしまったり、逆に下痢になってしまったりというようなことが起こってしまうのです。そうしたときには乳酸菌やビフィズス菌といったものが含まれる食品だけではなく、腸内にいる乳酸菌が喜ぶオリゴ糖や五穀などを摂取するようにして、積極的に食物繊維を取り入れていくといいでしょう。また、疲れをためないような生活をしていくということで腸内細菌のバランスが整えられるともいわれています。

 

ですので、そうしたことに気を配って、日常の生活をしていくといいかもしれませんね。できるだけ善玉菌の数を増やすように心がけていくと、毎日お腹がすっきりとすることでしょう。